ドクター紹介

YUKIO SHIRAKABE
白壁 征夫

美容外科医・サフォクリニック院長
国際美容外科学会教授・医学博士

白壁征夫院長

私が美容外科を始めた当時、世界で最も有名なメキシコの美容外科医の手術を見る機会があり、それまで自分が見聞きしていたものとのレベルの違いに愕然としました。
その後、西洋人と日本人の形態的、骨格的違いについて研究を重ね、アジア最高レベルの白壁式フェイスリフトを開発することができました。
この技術を1986年に米国美容外科学会で「東洋人のためのフェイスリフト手術」というタイトルで発表し、ウォルター・スコット・ブラウン賞を受賞しました。
皮膚が重く厚い日本人にも満足の行く結果を得られるフェイスリフト方法を開発したのが受賞の大きなポイントになりました。このSMAS法は今や世界中で行われています。
サフォクリニックは世界最先端の技術と結果を患者様にご提供できるよう、最新の技術を取り入れながらフェイスリフト手術の改善、開発を続けています。
フェイスリフトだけでなく、日本で最初に創ったメディカルエステでは美肌、痩身を行い、最近では内科的エイジングケアプログラムを取り入れ、トータルな美しさを実現することに常に最善の努力をしています。

「美容医療は他の科目と異なり、患者様に夢を与える仕事である。」
この信念をもって美容外科医として勤めてきました。
これから美容外科医になる若い医師にもこの信念が受け継がれるよう教育にも力をいれています。

略歴

  • 1965 美容師免許取得
  • 1969 東京医科大学卒業
  • 1969 東京医科大学病院整形外科形成班入局
  • 1979 大阪白壁美容外科院長就任
  • 1986 ウォルター・スコット・ブラウン受賞
  • 1988 東京山王病院美容形成外科部長就任
  • 1989 美容形成外科 サフォクリニック開業
  • 1999 国際美容外科学会より教授に任命
  • 2002 日本臨床形成美容外科医会 会長
  • 2004 日本美容外科学会 会長
  • 2009 「腫れないフェイスリフト」日本美容外科学会 最優秀賞受賞
  • 2014 福岡大学医学部臨床教授就任

所属学会

  • 日本形成外科学会 会員
  • 米国形成外科学会 会員
  • 国際形成外科学会 会員
  • 日本美容外科学会 評議員
  • 米国美容外科学会 会員
  • 国際美容外科学会 会員
  • 東洋美容外科学会 会員
  • 日本美容医療協会 会員
  • 日本臨床形成美容外科医会 理事

得意な手術

PAGE TOP